サピックスと併用する【スタディサプリ】

中学受験

おすすめは 算数【応用】講座

以前の記事に書いたように、入塾前の算数の学習に追加してサピックスに入った後も四谷大塚の予習シリーズを使って学年に関係なく学習を進めました。

しかし予習シリーズの5年に入ると、4年に比べてスムーズに進まなくなりました。

解説を読んでも親でも教えられなくなるので、段々と停滞気味になってしまいどうしようかと思って色々調べてみました。

そこで、費用もお安いスタディサプリの算数応用で予習シリーズの範囲を順番に学ぶことにしました。

動画ですと、先生が説明してくれるのでやはり頭に入りやすいようです。

予習シリーズを1人で進められるお子さんもいらっしゃると思うのですが、次男にとっては解説を動画で見る方が効率が良かったです。

/

スタディサプリの小学生の算数は、基礎コースと応用コースとありますが、応用コースは中学受験向けのようです。

中学受験向けと言っても、難関校の入試ですとこちらだけでは心許ないかもしれません

あくまで、中学受験算数の基礎という位置付けかなと思います。

実力派の講師の先生

応用の講師の先生は、繁田和貴先生で小学校時代にサピックスで3年連続一位を保ち続けて開成・筑駒・慶應・灘全て合格し、開成へ進学されています。

その後東大を卒業され、現在TESTEA(テスティー)という個別指導塾の塾長をされています。

もともと、繁田先生の著書を以前に読んでいたので先生の考え方は理解していました。

私も一緒に繁田先生の解説を見ていますが、スピード感があり生徒の間違いやすいポイントもしっかり解説されています。

スタディサプリのテキストについて

全てのテキストが自宅でダウンロードできる。

テキストも自宅のプリンターでダウンロードできるので、なくても大丈夫ですが全体像を把握したかったので、うちではテキストも購入しました。解説も別冊になっていて使いやすいです。

自宅にプリンターがあれば、申し込んですぐに始められますので、しばらく授業を見てからテキストを購入してもいいかもしれません。

おすすめのプリンターはこちらの記事に詳しく記載しています。

↓↓↓

内容としては一つの動画が15分くらいなので、集中できるようです。

あとこれは、私の主観なのですがサピックスで学んだ先生なので、サピックスの解き方に沿っているのかなと思っています。

サピックスでもテキストの解説と授業での先生の解説が違うことがあり、保護者会などでは授業での解き方を優先するように言われたことがあります。

全科目の講座が見放題

スタディサプリは、小4の講座からあります。

算数だけでなく、国語・理科・社会も視聴できます。

さらに高校3年までの授業も見ることができるので、兄弟がいる方は2人分使えますのでさらにお得に利用できると思います。

お試し期間の14日間を利用して、一度視聴されてみることをおすすめします。

/

中学受験
スポンサーリンク
子育てママののんびりブログ