サピックスの入室テストで【αクラス上位】に入る為の学習法

中学受験

サピックスの入室テストの1回目が11月にあります。

入室テストに向けて、なるべく上位のクラスでスタートするにはどんな準備が必要か迷いますよね。

今回は、次男がαクラスからスタートできた家庭学習について、おすすめの教材などをご紹介します。

11月のサピックスの入室テストで合格すれば、新学年である2月からスタートできます。

また、冬休み中に開講される1月の準備講座から始めることもできます。

一般的には,3年の2月から一斉にスタートとなります。

今は、どんどん入塾が早くなっているようで、3年の夏期講習から入室される方も結構いらっしゃるみたいです。

さらには席取りのために低学年から入塾するなんていうことも聞きます。

サピックスに聞いてみると、3年の2月に入塾する生徒の数が最も多いそうです。

SAPIX小学部|有名中学を中心に高い合格実績を誇る進学教室
有名中学を中心に高い合格実績を誇る進学教室

算数

大問1は、計算です。

計算といっても、虫食い算があったりして、学校の勉強だけやってきているお子さんは、ちょっと難しいと感じるかもしれません。

基本的な計算については、6年の範囲まで終了させていた方がいいです。

大問2以降は、いわゆる一行問題(一般的な文章題)です。

大問3以降は、パズル要素のある問題が出題されていました。

立体図形であったり、平面図系であったり、条件整理などその年や回によって違うと思います。

4年でαクラスからスタートできるかどうかは、このパズル系で点数を取れるかどうかで決まってくるように思います。

算数のおすすめの教材

一行問題に対応するのは、サピックスの各校舎の受付で販売している『パワーアップトレーニング3年』が最適だろうと思います。

これは、サピックスで毎日家庭でやる教材として配られている、基礎力トレーニング(通称基礎トレ)そのものです。通常は同じ問題で数値だけ替えたものが一週間続くのですが、それをまとめたものがパワーアップトレーニングです。

パズル系であれば書店やネットでも購入できる『きらめき算数脳』が最適だと思います。

かわいいイラストとオールカラーで取り組みやすいのですが、星3つはほんとに難しいです。

同じきらめき算数脳のシリーズで、数センスと図形センスの入門・特訓編が出版されています。

次男は、こちらのドリルも4冊ほどやりました。

こちらのドリルは、一枚の問題が少ないので、毎日するには負担が少ないのでおすすめです。

他には、キッズBEE(算数オリンピックの低学年版)の教材が似ていると思います。

キッズBEEは、解くのが楽しいらしくほぼ全ての問題にチャレンジしました。

思考力系の問題は、正解しなくても考える間に賢くなると言われているので、頑張って問題にチャレンジしたことをほめていました。

国語

国語は、テストで出される問題文がとっても長いです。

ある程度まとまった文章を時間内に読む必要があります。

入塾前にお子さんが好きな本でも何でもいいので、多読しておくといいと思います。

詳しく知りたい方は、ご参考になさってください。

↓↓↓

物語文の他、漢字と言葉の知識が出題されました。

国語のおすすめの教材

市販されている中では、サピックスの通信講座のピグマの国語の物語文の長さが最長だと思いました。

問題も記述が多いので、解答を書く訓練にいいと思います。

ピグマキッズくらぶ|SAPIXの通信教育
ピグマキッズくらぶ 小学1年生から小学4年生のための通信教育

サピックスは入塾してからも、記述することが多いです。

日記をつけるなど、日頃から文章をとにかく書いて、書くことに抵抗がないようにしていました。

また、入塾前の余裕のある時に、慣用句とかことわざなどを学習マンガで触れておくのもいいと思います。

ちびまる子ちゃんシリーズは面白いので、繰り返し何度も読んでいました。

漢字は、うんこドリルのシリーズが面白く取り組めたようです。

うんこドリル秘話はこちらから

中学受験の本

最後に、大まかな中学受験の流れを知るために、中学受験全般の本を読んでおくといいと思います。

『中学受験は親が9割』は、入塾後のタイムスケジュールや宿題のやり方、各塾の特徴など詳しく書かれていてとても参考になります。

『2月の勝者』の作者と同じ方が描いています。

中学受験合格後まで描かれていて、一連の流れがわかるようになっています。

といっても、ストーリーの秀逸さはさすがです。

家族の気持ちを想像して号泣するほどリアルに描かれています。

中学受験しようかなと思ったら読むマンガは、本当におすすめです。

こちらも細かい中学受験のサポートが参考になります。

個人的には、佐藤ママのサポート方法として、お子さんが間違えた復習テストの整理方法が参考になりました。

中学受験
スポンサーリンク
子育てママののんびりブログ