サピックス・土特について

中学受験

土特は、平常授業とは別に実践的な授業(というより問題演習)になります。

サピックス・土曜志望校別特訓とは

サピックスでは、6年になると土曜日も授業があります。

土曜日の授業は平常授業とは独立して進み、土曜志望校特別特訓、略して土特と呼ばれます。

一応志望校別ということでクラスに中学の名前が付いていますが、志望校に特化したものではないようです。

本当の意味で志望校に特化した対策をするのは、後期の9月以降の日曜特訓(SS特訓)になるようです。

土特は14時から19時まで休憩なしの5時間となります。

基本的な授業スタイルは、ひたすら入試問題を解いて、その後解説という流れになるようです。

算数

分野別プリントが重要で、次回の授業でこの分野別プリントの復習テストがあります。

国語

 プリントには全部で大問が3つとウィークリー・ステップという知識問題が綴じられています。

  • 大問1・・・記号・選択問題中心
  • 大問2・・・選択問題と記述の混合問題
  • 大問3・・・記述中心の問題

こちらをコースなどによって、授業で扱う問題が取捨選択されるようです。

自宅では、解かなかった大問を家庭学習として指定されました。

理科

以下の3つに問題が分かれていました。

Xの問題1~3(基本問題)

Yの問題1~2(応用問題)

Zの問題1~2(記述・思考力問題)

上記のうち、先生が家庭学習として指定された問題を解きます。

やはり理科は分量が多いです。

社会

授業では地理の過去問を解いて、先生が解説をするスタイルです。

平常授業は引き続き歴史分野ですので、地理は夏休み以来です。

社会では、知識の総完成プリントが重要だそうです。

こちらも細かい知識が満載です。

サピックスでは、小さめのノートにどんどんメモをとるように言われています。

ご紹介するこちらのノートは、ルーズリーフ型になっていて使いやすいです。

リングもスライドさせるだけで開きます。

たくさん色の種類がありますので、色別に科目を分けるのも良いと思います。

土特の復習はいつやるか。

土特の復習は土曜日にサピックスから帰ってきてからと日曜日を使うことにしています。

9月以降SS(日曜特訓)が入るため、本当は日曜日は余裕を持たせて空けておきたいのですが、次男が日曜日も使いたいというので、とりあえずは日曜までに復習を終わらせるスケジュールにしています。

土特から帰ってきて、4科目全てで細々としたプリントを持ち帰ってきました。

蛇腹状のドキュメントファイルにプリントをポンポン入れていくだけで整理されるので、土特が始まってからプリント整理に大いに役立っています。

A4のクリアファイルごと収納できるので重宝しています。

そして、プリントが増えるごとにこちらの蛇腹式ファイルも広げることができます。

プリントが少ない時は、縮めて使っています。

まとめ

5年の最初も4年に比べて課題が多くなり大変でしたが、しばらくするとリズムが摑めて慣れて行くと思います。

理科・社会に関して言えば、量は大変ですが内容は既に5年で習ったことなので、新しい単元を習得していくというキツさとは違い、内容的にはある意味楽ともいえるかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
中学受験
子育てママののんびりブログ