サピックス・質問教室の利用

幼児期

親が教えられない問題が出てきた場合、ぜひ質問教室で聞いてきてほしいというケースも学年が上がる毎に増えてくると思います。

サピックスの質問教室

サピックスは、基本的に授業終了後に質問教室を設けています。

数年前の兄の時は、その日の授業で扱った問題の質問は受け付けていませんでした。

自宅でじっくり自分で考えてみて、それでも分からない問題を持ってきなさいということらしいです。

質問の数も制限があったように思います。

校舎や科目によって違いがあるかもしれません。

4・5年生の利用について

平常授業は20時に終了するので、その後に質問教室に行くのは結構嫌がります。

お腹も空いていますし、お友達と待ち合わせして帰ることもあるので、質問教室を利用することは少ないかもしれません。

また4・5年前半くらいまでは、親が解説を見れば教えられる問題もあり、自宅で解決してしまう事が多いと思います。

6年生の利用について

6年生になると質問教室を利用する機会が多くなります。

扱う問題自体が難しくなり、過去問も解き始めるので親も教えられなくなります。

21時に6年生の平常授業が終わりますが、それでも6年生の利用は多いようです。

6年になる前に、季節講習の時などに質問教室を利用し、徐々に慣れていくのもいいのかなと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
幼児期
子育てママののんびりブログ