【中学受験】話題の小説『翼の翼』朝比奈あすか著 ブックレビュー

中学受験

今話題になっている中学受験をする親子を描いた『翼の翼』を読みました。

著者の朝比奈あすか氏

朝比奈あすかさんは、開成中学の入試に出題された『君たちは今が世界』を書かれた作家さんです。

朝比奈さんも、お子さんが中学受験をされたそうです。

親として関わることで、様々な感情を経験されたと仰っています。

あらすじ

ネタバレも含んでいます。

主人公の母親は、中学受験を経験していない専業主婦ですが、後々子供の塾代の為にアルバイトをするなど何事にも一生懸命に取り組むタイプの女性。

夫は中学受験を経験していますが、義理の両親や夫自身に言わせると中学受験に失敗したが、それを糧に大学受験やその後の就職を成功させたとのこと。

主人公の母親が、たまたま小2の息子に受けさせた塾主催の無料テスト。 

そこから家族を巻き込んでの中学受験が始まるというストーリーです。

【中学受験】思っているほど簡単に撤退・転塾できない

主人公の母親のセリフ、全く同じ事を言ったことがある、、と思ったくらいリアルに心情が描かれていました。

たまたま中学受験塾のCMを見て、力試しに受けてみた入塾を兼ねた無料テスト。

最初は中学受験なんて向いてなければ途中でやめればいいんだし、と軽い気持ちで始めたはずなのに、家族はどんどん中学受験の沼にはまっていってしまいます。

中学受験を始める際も、合わなければ転塾すればいいし、なんて軽く考えていても実際は中学受験の撤退も転塾も難しいことが多いようです。

口に出すかどうかは別として、主人公と同じ感情に身に覚えがあり、目を背けたくなるくらいリアルでした。

ストーリーにぐいぐいと引き込まれて、一気に読み終わりました。

中学受験・成績上位層も苦しい

主人公の翼は、中学受験塾エイチ(たぶんサピックスがモデルになっている)の四天王1クラス(最上位クラス)に在籍しています。

主人公の男の子の志望校は、最難関中学。

低学年の時は、親の喜ぶ顔が見たいという気持ちから、高学年では束の間の親からの厳しい対応を避ける為にカンニングに走ってしまいます。

それが更に教育虐待に拍車をかけることになってしまいます。

勉強ができて塾の上位クラスにいても、志望校は持ち偏差値より上のことはよくあることだと思います。

男子の最難関である筑駒は、サピックスの最上位層にいても募集定員の少なさなどにより、絶対合格圏内とはいえない熾烈な戦いとなるようです。

これから中学受験を考えている人にもおすすめ

中学受験の心理描写が本当にリアルなので、中学受験をしようかなと考えているご家族の方も一読の価値ありです。

親の心理として、こういう風に気持ちが変化していく可能性もあるという心構えがあるだけでも違うかもしれません。

こちらの『毒になる親』は、Amazon unlimitedで読むことができます。

Kindle Unlimited

スポンサーリンク
スポンサーリンク
中学受験
子育てママののんびりブログ